協議会ニュース

本郷資源保全組合・観光客の目を楽しませる鮮やかなひまわりロード

本郷資源保全組合では、地域全体に環境保全への意識が高まることを期待し、本郷地区に住んでいる子どもたちとともに、空き缶拾いを実施しています。

また、本郷地区は女満別空港の近くに位置していることから、「女満別に訪れた観光客へアピールしよう」と、観光客の多い8月に開花を迎えるよう、道路沿いに1000株のひまわりを6月末に植栽し、約400メートルの「ひまわりロード」を作りました。道路のそばに植えるためアスファルトからの放射熱が強く、毎日のように水を与えるなど管理にも気を配っています。夏の太陽の下で鮮やかに咲くひまわりは、空港に降り立つ観光客の目を楽しませています。

協議会ニュース・最新情報

»記事一覧へ

活動組織等への支援ツール

とんぼの未来・北の里づくり事例研究会

対策ロゴマーク活用事例

ロゴマーク使用にあたってはマニュアルを必ずご確認ください。

ページのはじめに戻る