協議会ニュース

中伏古環境保全組合・スイートコーンを中心に品質の高い多品目を栽培

多品目の畑作が行われている芽室町。中でも、スイートコーンは作付面積、収穫量ともに日本一を誇り、町の特産品として「十勝芽室コーン炒飯」の人気も高まっています。

中伏古環境保全組合でも、スイートコーンを中心に、えだまめ、大豆、さやいんげん、かぼちゃなどの栽培に取り組んでいます。また、生産者たちはエコファーマーの認証を受け、化学肥料や化学合成農薬を大幅に減らす取組みを積極的に進めています。組合のメンバーは39戸と多いため、清掃や草刈りなどの全員参加の共同活動における日程調整の難しさはありますが、品質が高く安全・安心な農産物の生産に組合員全体で取り組んでいます。

協議会ニュース・最新情報

»記事一覧へ

活動組織等への支援ツール

とんぼの未来・北の里づくり事例研究会

対策ロゴマーク活用事例

ロゴマーク使用にあたってはマニュアルを必ずご確認ください。

ページのはじめに戻る