協議会ニュース

各地からの報告

上風連みどりネットワーク『みどりネット通信』の第20号を掲載»

別海町・上風連みどりネットワーク発行『みどりネット通信』の第20号を掲載しました。

上風連みどりネットワーク『みどりネット通信』の第20号

10区西地区活動組織・田んぼを守るハーブを子どもたちと一緒に植栽»

22戸の農家が参加する10区西地区活動組織では、平成18年から田んぼの畦道にハーブの植栽を行っています。ハーブの香りで稲穂を害虫から守り、できる限り化学肥料・化学合成農薬を使わないお米づくりを目指す取組みです。

植栽には地区の子どもたちが協力し、年に1〜2回、家族みんなで畦道にアップルミントを植えています。地区で育てているお米は、ななつぼしやゆめぴりかですが、「太陽とハーブの恵み、もせうしのお米〜北彩香」というブランド名で販売。さらに、このアップルミントから作る焼酎「葉舞な里から」も商品開発され、ハーブの里・妹背牛を広くアピールしています。

茶志内東環境保全協力会 安全・安心なお米づくりを伝える消費者との交流活動»

茶志内東環境保全協力会では、土壌診断に基づく施肥や種の湯温消毒技術の利用など、環境に負荷をかけない農業のための取組みを11種類行っています。

さらに、このような取組みを消費者に理解してもらおうと、地域に農家がいない上砂川町の消費者協会を田んぼへ招き、意見交換会を実施。化学肥料や化学合成農薬を減らすためにどのようなお米づくりをしているのかを現地で説明し、その後、地区で開催している「かかしコンテスト」にも参加してもらい、地域住民との交流につなげています。参加した消費者からは、お米を注文したいという声もあり、今後も交流活動を継続していく予定です。

川西資源保全組合・美しい農村風景を生かした体験農園とフットパス»

都市住民との交流や農業・農村への理解を深めてもらうことを目的に、平成13年に開設された「じゃがいもの丘農園」。川西資源保全組合では、この農園を活用し、ジャガイモを中心に野菜の種まき・植え付けから収穫までの農業体験を受け入れています。

体験には、一般市民のほか、市内の幼稚園や小学校なども参加し、毎年好評を得ています。また士別市では、美しい農村風景を生かしたフットパスづくりが進み、平成20年度から「かわにしの丘フットパス」を夏休み期間中に開放。同組合では、コース周辺の清掃・草刈り・花の植栽などを実施し、地域のフットパスに協力しています。

中伏古環境保全組合・スイートコーンを中心に品質の高い多品目を栽培»

多品目の畑作が行われている芽室町。中でも、スイートコーンは作付面積、収穫量ともに日本一を誇り、町の特産品として「十勝芽室コーン炒飯」の人気も高まっています。

中伏古環境保全組合でも、スイートコーンを中心に、えだまめ、大豆、さやいんげん、かぼちゃなどの栽培に取り組んでいます。また、生産者たちはエコファーマーの認証を受け、化学肥料や化学合成農薬を大幅に減らす取組みを積極的に進めています。組合のメンバーは39戸と多いため、清掃や草刈りなどの全員参加の共同活動における日程調整の難しさはありますが、品質が高く安全・安心な農産物の生産に組合員全体で取り組んでいます。

本郷資源保全組合・観光客の目を楽しませる鮮やかなひまわりロード»

本郷資源保全組合では、地域全体に環境保全への意識が高まることを期待し、本郷地区に住んでいる子どもたちとともに、空き缶拾いを実施しています。

また、本郷地区は女満別空港の近くに位置していることから、「女満別に訪れた観光客へアピールしよう」と、観光客の多い8月に開花を迎えるよう、道路沿いに1000株のひまわりを6月末に植栽し、約400メートルの「ひまわりロード」を作りました。道路のそばに植えるためアスファルトからの放射熱が強く、毎日のように水を与えるなど管理にも気を配っています。夏の太陽の下で鮮やかに咲くひまわりは、空港に降り立つ観光客の目を楽しませています。

万年環境保全会・農業者と地域住民が一体となって環境保全活動を展開»

万年地域は、十勝では数少ない水田営農を古くから行っていたこともあり、用排水路の清掃など環境保全への意識が高い地域でした。

昭和50年代に畑作へ転換した後も、地域環境保全の活動は行われていましたが、活動をより円滑に体系的に行えるよう万年環境保全会を設立。花壇整備は地域の女性たちが苗作りから植え付け管理まで一貫して行うなど、農業者のみならず地域住民が一体となって市街地での環境整備を行っています。「いままで百年、これから万年」を合言葉に、これからも共同活動を通じた地域主体の農村コミュニティ形成を進めていきます。

上風連みどりネットワーク『みどりネット通信』の第19号を掲載»

別海町・上風連みどりネットワーク発行『みどりネット通信』の第19号を掲載しました。

上風連みどりネットワーク『みどりネット通信』の第19号

上風連みどりネットワーク『みどりネット通信』の第18号を掲載»

別海町・上風連みどりネットワーク発行『みどりネット通信』の第18号を掲載しました。

『みどりネット通信』の第18号

上風連みどりネットワーク『みどりネット通信』の第17号を掲載»

別海町・上風連みどりネットワーク発行『みどりネット通信』の第17号を掲載しました。

『みどりネット通信』の第17号

とんぼの未来・北の里づくり事例研究会

対策ロゴマーク活用事例

ロゴマーク使用にあたってはマニュアルを必ずご確認ください。

ページのはじめに戻る