「とんぼの未来・北の里づくり」子供絵画コンテスト2018受賞作品

本道の農業・農村は、安全・安心で良質な食料の安定的な供給をはじめ、国土や環境の保全、美しい景観の形成などの多面的な機能の発揮を通じ、私たちの健全な暮らしを支えるとともに、食品加工や観光など幅広い産業と結び付き、地域の基幹産業として重要な役割を発揮しています。

こうした中、農地や農業用水等を地域の大切な資源として良好に保全し、これらの資源の質的な向上を目指して地域ぐるみの効果の高い共同活動を支援する「多面的機能支払交付金」と中山間地域等において農業生産条件の不利を補正し、将来に向けて農業生産活動を維持するための活動を支援する「中山間地域等直接支払交付金」により、安全・安心な食料の生産や農業の多面的機能の保全とともに、地域コミュニティの活性化を図るための様々な取組が着実に進められています。

この取組の愛称である「とんぼの未来・北の里づくり」に込められた「豊かで多様な生物を育む緑の大地と美しい農村景観を、未来の子供たちに伝えていきたい」との願いを表現するとともに、守り育てるべき北海道の農村の魅力を再発見するために、広く道民の皆さんの理解と参加をいただき、「とんぼの未来・北の里づくり」子供絵画コンテスト2018受賞作品を実施してきました。

皆さんが農村で見て、感じて、ふれ合うなかで見つけた、キラリと光る地域ぐるみの活動、風景・生き物など、絵画に託されたとんぼの未来をこれからも保全・維持・発展させるために、この表彰を通じ、関係者間の情報交換や道民への広報の展開につなげ、地域の活動のさらなる推進と新たな展開が図られるよう、道協議会として支援して参りたいと考えております。

  • テーマ
    ア)地域ぐるみの活動(本対策の取り組みの様子など。)
    イ)農村風景(営農作業、地元行事や景観など)
    ウ)農村の生き物(動植物)
  • 応募作品及び応募対象
    子供絵画 小学生を対象とします。
  • 応募締切:2018(平成30)年11月30日

低学年

〈最優秀賞〉
『たうえ』

川村 ひより(北見市立相内小学校1年)

»低学年各賞一覧

中学年

〈最優秀賞〉
『オニヤンマと話したい』

高畑 柚季(美幌町立旭小学校3年)

»中学年各賞一覧

高学年

〈最優秀賞〉
『十勝の山と士幌の工場の綺麗な池の白鳥』

藤田 愛優深(士幌町立中士幌小学校5年)

»高学年各賞一覧

特別賞

»特別賞一覧

2018年概要 | 低学年 | 中学年 | 高学年 | 特別賞

■過去の受賞作品

「とんぼの未来・北の里づくり写真・絵画コンテスト」(2015)
写真部門各賞一覧 | 絵画部門各賞一覧
「とんぼの未来・北の里づくり写真・絵画コンテスト」(2007〜2011)
受賞作品一覧

とんぼの未来・北の里づくり事例研究会

対策ロゴマーク活用事例

ロゴマーク使用にあたってはマニュアルを必ずご確認ください。

ページのはじめに戻る