2018年低学年受賞作品

最優秀賞

『たうえ』
川村 ひより(北見市立相内小学校1年)
(作品説明)
はじめてした、田うえのようすを、描きました。
講評

春の太陽を浴びながら、みんなといっしょに田うえを体験しているようすが絵にあふれています。
はじめての田うえ、手や足を泥だけにしながら、笑顔で苗を植えているようすが生き生きと表現され、天気も良く太陽も空も田んぼの水もキラキラと輝いて見えますね。
楽しさが伝わるとてもみごとな作品です。

優秀賞

『たうえ』
広野 はる(北見市立相内小学校1年)
(作品説明)
はじめてした、田うえのようすを、描きました。
講評

ニッコリとした笑顔と赤いリボンがアクセントとなり、田うえのようすがすてきに表現されています。
男の子も元気に描かれ、うしろの植えられた苗はすぐにも空の雲まで伸びそうで、元気に育ってという楽しい気持ちが伝わるすてきな作品です。

『トラクター』
中川 有彩(音更町立東士狩小学校2年)
(作品説明)
上手くできたとこは、色をぬるとこです。 後のほうはかけなかったけどうまくできてよかったです。
講評

おおきく広がる畑ですみきった空を背景に、画面からはみ出すくらいおおきなトラクターが緑色とタイヤの黒と黄色で じょうずに描かれています。またとおくには、木々や煙突から煙の出ているおうちも描かれ遠近感のある構図となってい ます。
本物のトラクターが目に浮かぶくらいこまかいところまでよく観察して描かれたすてきな作品です。

『とんぼとひまわり』
佐藤 彩月(恵庭市立恵み野旭小学校2年)
(作品説明)
大きなひまわりの周りを赤とんぼが飛んでいる姿がきれいでした。
講評

畑のヒマワリが生き生きと大きく空に向かって力強く描かれています。
その周りを赤トンボやツナギトンボがたくさん飛んで農村の風景がじょうずに描かれています。
緑や黄色、赤と白など色を使い分け、農村の豊かさが色で伝わるすてきな作品です。

入選


  • 『たうえ』
    横山 東弥
    (北見市立相内小学校1年)

  • 『お父さんの育てた田んぼ』
    大井 千明
    (深川市立深川小学校1年)

  • 『がんばるトラクター』
    茂古沼 夏希
    (音更町立東士狩小学校2年)

  • 『しゅうかくさい』
    谷 香緒音
    (北見市立若松小学校1年)

  • 『田んぼにいる虫』
    加地 悠真
    (美幌町立美幌小学校2年)

2018年概要 | 低学年 | 中学年 | 高学年 | 特別賞

とんぼの未来・北の里づくり事例研究会

対策ロゴマーク活用事例

ロゴマーク使用にあたってはマニュアルを必ずご確認ください。

ページのはじめに戻る