活動組織等への支援ツール

道協議会では、活動組織等への支援ツールの整備を次のとおり進めています。
各支援ツールの詳細については、道協議会事務局までお問い合わせください。

北海道地域資源保全情報とは

北海道地域資源保全情報とは、農地や施設等の資源情報データベースを構築し、本制度に取組む活動組織等が行う施設の『維持管理等の保全情報の蓄積』を行うことにより、活動計画の見直し、地域資源保全管理構想の策定及び事業評価等の支援を目的に道協議会が関係市町村・土地改良区等と連携を図りながらデータの蓄積・整備を行うものです。
また、北海道地域資源保全情報には、活動組織等の対象施設に関係する市町村・土地改良区等の管理施設(道路・農業用用排水路等)のほか、活動組織等が保全管理する農業用施設等を登録することとしています。

北海道地域資源保全情報記録システムについて

道協議会が整備する北海道地域資源保全情報の運用を図るうえで必要となる、『維持管理等の保全情報の蓄積』を行なうWeb型のGISシステム:北海道地域資源保全情報記録システムが構築されました。
記録システムは、インターネットに接続する端末機器を介して、北海道地域資源保全情報(データベース)にアクセスし、『維持管理等の保全情報を蓄積』を行なうとともに、登録した活動情報を関係帳票に反映することを可能としたツールです。
また、背景画像として航空写真を使用するとともに、データベースに登録されている農業用施設等の諸元(路線名称、構造、規格等)の確認ができます。
更には水土里ネット北海道が作成した農地の区域図を掲載しています。

記録システムの概要やバージョンアップの内容、マニュアル、各種様式等については、水土里ネット北海道のホームページに開設された専用ページに掲載されていますので、次のURLからアクセスしてご確認ください。

http://www.htochiren.jp/kirokusys/kirokusys.html

北海道地域資源保全情報(活動組織等のご紹介)

工事中

対策ロゴマーク活用事例

ロゴマーク使用にあたってはマニュアルを必ずご確認ください。

ページのはじめに戻る